「凌霄花」という名前には「雲や空を凌ぐ花」という意味があるらしい

空へと伸びていく様が名前そのものになっている。漢字からするとなんだか勇壮にも思えるが、実際に凌霄花が咲き乱れる様子は繊細なイメージが先行する。つるが曲りくねりながら見事に咲き乱れる軒先はそれだけで美しいものだ。今年は例年以上に、紫陽花がとても綺麗だった。ここ数年間は、南国めいた色鮮やかすぎる紫陽花が多く咲いていたのだが、この梅雨の紫陽花は昔ながらの色で風情がとてもあったように思う。その紫陽花もいよいよ色が褪せ、とうとう夏の花が咲き誇る季節が来る。花と名前というものはとても大事な物だと思う。幼い頃、「マーガレット」という花が好きだったのはその可憐さと名前の可憐さとがとてもよくマッチしていたからだ。花そのものと共に名前も愛でてみる。そんな風に花を観賞してみるのはとても贅沢な楽しみ方ではないだろうか。
http://www.whitening-cosmetics.xyz/