せっかく早起きしても薄暗い部屋の中で布団から出ないでいると

二度寝して終わってしまいます。早起きしたら朝の日差しを十分に浴びましょう。光が身体に当たれば身体がスッキリ目覚めて少しづつ起きるのが楽になります。目覚ましが鳴っているのに起きることが無理な人も多いです。早起きしたいのなら目覚ましを利用して目覚められるよう自分を変えなければだめです。目覚ましは横になった姿勢ではまったくとめることができないところに置きましょう。朝目を覚ましてから出かけるまでに時間がないと朝食も満足に食べることが難しいです。しかし早起きをするようになれば時間ができますからゆっくり朝食をとることができます。朝食をきちんと食べていれば脳が回転しますので一日楽しいです。
http://xn--u9jygjr4o5df8eb6444szk4a.net/